❖ぎっくり腰整体

ぎっくり腰・急性腰痛

急な腰の痛み

仙骨の痛みの回復整体

❖慢性腰痛のページはこちら

❖ぎっくり腰とはどの様な状態?

症状の始まりから3か月までを急性腰痛、それ以降も症状がある場合は慢性腰痛と言われますが、厳密ではありません。

そして、『急性腰痛で代表的なものが、ぎっくり腰』と言われる症状ですが、骨盤、仙骨、股関節、背中の筋肉など様々な部位と連携している筋肉が絡んでいますので、お尻の痛み、骨盤全体や仙骨が詰まるような痛みや、嫌な感じ、太腿やヒザの違和感など様々な症状を言われる方もいらっしゃいます。

医療機関で検査をしても、関節や骨のズレなどは検査をして異常があれば確認が取れますが、筋肉から来る症状に関しては、レントゲンなどの検査でも確認が取れないため、原因不明と言われる事もまだまだ多くありますが、お医者様の判断では『急性腰痛・ぎっくり腰』ですね、と言われて痛み止めとシップの対応になります。

そして、医療的な処置で良くならない場合が多くありますので、その様な場合は整体治療に関わる施術者たちの領域の扱いになります。

『ギックリ腰・ぎっくり腰』の発症時の感覚を言葉に表すと「ギクっと音がしたとした」と言われることからこう呼ばれるわけですが、その瞬間は強烈な痛みに襲われます。

ぎっくり腰になってしまうと、重症の場合は立っていられない、 座っても痛い、息をしても痛い、寝返りも痛い、横になっても痛いという状態になってしまいます。

そして、『ギックリ腰・ぎっくり腰』が癖になりやすく再発しやすい方も多くいらっしゃいます。

❖ぎっくり腰になる状況

❶筋膜部位の痛み (腰部筋肉の痛み)

これは腰部にある筋肉やそれを包む膜が部分的に断裂や微小断裂した状態です。

普段はやらない動作を繰り返したり、突然の動作、また転倒時の衝撃などによって起こります。

軽い損傷であれば痛みもすぐに治まりますが、その様な状態を繰り返すうちに損傷の程度が大きくなり、痛みも強く長引く様にもなります。
この場合は直後から痛んだり、数時間後に痛み出る場合もあります。

❷椎間関節の痛み (腰骨のズレの痛み)

椎間関節とは脊柱 (背骨) の骨のことを言います。

この関節により脊柱 (背骨) は前後左右に曲げたり出来ますが、腰を無理に反ったり、腰を反った状態で身体を捻じったりすると捻挫の状態になることがあり椎間関節がわずかにズレたり周囲の軟部組織を関節に挟みこんだりして痛みや炎症が起きます。

❸仙腸関節の痛み (仙骨と骨盤の間の痛み)

仙腸関節とは左右の腸骨の中心にある関節で逆三角形の様な形の骨(仙骨)の両側にある部分を言います。

この部位は、妊婦さんや産後のママさんが必ずと言っていいほど痛くなる場所でもあります。
骨盤の関節で、真ん中の仙骨と左右両側の腸骨とを結ぶ関節です。

よく整体などで、あなたの骨盤は歪んでいますよと言われた方がいらっしゃるかと思いますが、この仙腸関節が捻じれた様な状態になっている状態を骨盤の歪みと言うことが多いです。

この関節は可動域が少なく割と安定した関節なのですが、様々な原因により不安定になります。

例えば、腰部へのダメージ(交通事故、スポーツ、転倒)出産、妊娠、更年期、継続的な小さな外傷(長時間椅子に座る、腰をねじる)など、ふとした動作がキッカケで症状を発します。 

この仙腸関節の可動域が大きくなると、腰痛の再発が頻繁に起こりやすくなります。

からだ回復整体室では、ぎっくり腰症状の原因となっている部位の筋肉にアプローチをしますが、患部をマッサージするようなことはしません。

注:患部にマッサージなどを行うと症状は悪化しますから注意してください!
一般的なマッサージで対処をすると必ずと言っていいほど、その後、痛みが強くなります。

当院の『ぎっくり腰の整体』

当院のぎっくり腰の整体療法は、患部に対処するのではなくその原因となっている関連する筋肉や筋膜のアプローチを行い筋肉の緊張を解き緩める施術を主体に行いますので、お体に負担や痛みを与えることなく改善していただけます。

❖軽度の症状の場合は、お体の状態にもよりますが,過去の実績値では、初回9割以上の改善、または、ほとんど問題ないレベルになる方が多くいらっしゃいます。

❖重症の方の場合は初回で4割~9割ほどの改善効果が過去の実績です。

施術後、お時間の経過とともに回復していきますから、施術直後だけでご判断しないでください。

※改善レベルには個人差がありますのでご理解ください。

❖ぎっくり腰の原因と整体対応

原因の一番多くは過度の腰部筋肉の疲労や負荷が大きくなったためです。

ぎっくり腰になる時は、大きく2つのパターンがあります。

ひとつは腰部周辺の筋肉が毎日の姿勢の悪さや、筋肉の疲労に耐えてガンバッテいるお体が、これ以上は無理です!という 時にギクッ!となります。
(音がはっきり聞こえるわけではありませんが、その様な感覚になります。)

そして、起こる原因としては同じですが、瞬間的に激痛が来るのではなく、いつもと違う嫌な腰の感覚が起こり、このまま変な気配がしてじわじわと悪くなっていき腰が抜ける様な感じになり崩れ落ちる様に動けなくなります。
体験された方は分かるかも知れませんね。 

また、骨盤の歪みも原因の一つでもあります。
椎間板ヘルニアと同じ様な痛みを感じる場合もあります。
元々、椎間板ヘルニアや 坐骨神経痛の原因は、ぎっくり腰と兄弟関係の様なところがあります。

ぎっくり腰になるとほとんどの場合、背筋が伸びない、寝返りが痛い、トイレに行くのが大変、起き上がりが痛い、などシップも効かない方が多いものです。 

よくマッサージや整体を受けて余計に悪い状態になる方がいますが、それは硬くなった筋肉や痛みの部位を揉みほぐす様なマッサージをしてしまうことで余計に痛みが強くなります。
もし、ぎっくり腰になってしまったら患部を揉むようなことはしないことが賢明です。

❖医療機関での対応

整形外科などでは痛み止めやシップなどの処方で様子を見るようにいわれます。

また、骨盤ベルトなどを利用される方もいるようです。

❖ご自宅での応急対応

一般的には、安静にして2日から3日で楽になる場合もありますが、1週間たっても改善せずに余計に痛くなられる方もいらっしゃいます。

整体施術をお受けいただく事がベストですが、お話をお聞きして対処法をアドバイスが可能な場合もありますのでお気軽にご相談ください。

(※お体を確認していませんのでお電話でのアドバイスはあくまでもご参考にして自己責任に於いて対応をお願いいたします)

❖からだ回復整体室の整体対応

症状の原因である部位の筋肉組織、筋膜ラインなどに独自のアプローチをいたします。

緊張を与えない独自の手法を施し骨盤調整、体のゆがみ調整、筋肉組織の緊張改善を行い症状の回復を図り患部の痛みや腫れを改善させます

その方の症状にもよりますが、通常の場合は軽度のぎっくり腰であれば、1回で改善される方が多い状況です。

❖軽度の症状の場合は、お体の状態にもよりますが、過去の実績値では、初回で9割以上の改善、または、全く問題ないレベルになる場合が多くあります。

❖重症の方の場合は初回で4割~9割ほどの改善効果が過去の実績です。

重症の方でも1回で、改善状況にご満足をしてしまう方もいらっしゃいますが、残痛が数日の間は残る様になります。

この時にあまり無理をしてしまう方が多いですが、ぶり返してしまう事もありますから注意が必要です。

しっかりとお体の改善をお考えいただけるようでしたら、2回~3回は継続的にお受けになるとお体の状態は安定しやすくなります。

(椎間板ヘルニアや坐骨神経痛、腰部筋肉の硬さが極度に強い方や、以前よりお体の歪みなどが、強い方は、そちらの症状の改善も必要になりますのでご相談ください)

❖妊婦ママのぎっくり腰

❖軽度の症状の場合は、お体の状態にもよりますが、過去の実績値では、初回で9割以上の改善、または、全く問題ないレベルになる場合が多くあります。
❖重症の方の場合は初回で4割~9割ほどの改善効果が過去の実績です。

当院では母体に一切負担を与えず痛みもない、安全で安心な整体療法を施しています。
下記のブログ記事からも詳しい内容がご覧いただけます。

■ぎっくり腰のブログ記事 ■慢性腰痛のブログ記事

●お電話又はメールでご連絡ください。
お電話の方が早く対応できますので、ご相談もしやすいかと思います。
施術中はお電話に出られないことがありますが、ご伝言をお残し頂きましたら早々にこちらより折り返しご連絡させていただきますので、お手数ですがよろしくお願いいたします。