川崎 武蔵中原の整体院 肩こり 腰痛 ぎっくり腰 妊婦腰痛 産後腰痛 産後骨盤矯正 出張整体 横浜 東京

❖仙骨と女性ホルモンの関係

冷え性・ぽっこりお腹

足の浮腫み

生理痛・便秘

❖骨盤内の仙骨部位は女性ホルモンと関係しています


骨盤が硬い場合は、この仙骨の動きが硬くなっており骨盤が開いていることが多くあります。

その為、イラストの仙腸関節に、詰まるような痛みが出たりします。

当院では、出張整体時に骨盤の歪み、仙骨の変位、硬さなどのチェックをしています。

◎例えば・・・

整体時にマットレスなどを使用して仰向けに施術を行なうとマットの床面に仙骨部位が当たる感じがあり痛みや違和感がある方がいらっしゃいます。

この場合は、仙骨が通常位置より後ろに飛び出ているということです。

◎原因としては・・・

① 出産時に赤ちゃんが出てくるときに仙骨が後方に押されるようになり出産後も仙骨の戻りが良くないことから、後方に大きく飛び出るように出ている状況です。

② 反り腰気味の女性は仙骨が後方に出ている方もいらっしゃり、椅子に座ると尾骨が痛いと言われる方がいらっしゃいます。

③ 仙骨座りと言って、おじいさんやおばあさんが背中を丸めて座っている様な姿勢を長期に続けていると仙骨が出やすくなります。

④ 子供さんの頃に常に体育座りをしていたことで、仙骨が後方に出る場合もあります。

⑤ 両親の遺伝的に出ている方もいらっしゃいます。

仙骨部位に痛みがある場合、特に女性は様々な身体の不調を抱えていることが多いです。

上記のイラストにある仙腸関節部位を押してみて痛みがある方は、仙骨が歪み、骨盤の開閉がうまくできておらず骨盤が開いたままの状態で女性ホルモンと深く関係してくるようになります。
下記のような症状を持たれている方が多くいらっしゃいますがいかがですか?✔生理痛が強く頭痛もある✔生理不順気味であ✔ぽっこりお腹になりやすい✔冷え性気味✔足が疲れやすい✔下半身に肉が付きやすく太りやすい✔足がむくみやすい✔便秘や下痢になりやすい

上記症状は、骨盤内にある仙骨部位が歪み、骨盤が開いたままの状態でおこりやすくなります。仙骨は女性ホルモンとの関わりが深く、仙骨の歪みは女性ホルモンのバランスを崩す原因にもなります。

❖では、どうしたらいいのでしょう?


女性の骨盤は、柔らかい状態の方、硬い状態の方などいろいろです。

特に、仙骨が後方に出ている方は臀部が硬く腰痛持ちの方が多くいらっしゃいます。

骨盤が硬い、仙骨が硬いという方は、臀部の筋肉が硬い方がほとんどです。

そこにアプローチをすると気持ちいい!痛い!と感じる方は、骨盤周辺の筋肉を緩めることがお体の改善につながります。

対処の仕方としては、セルフストレッチやマッサージなどいろいろありますが、

やはり、一番効果的な内容は・・・

  • ・専門家に骨盤に関係する筋肉・筋膜を調整してもらう。
  • ・肩、背中、首、腕、脚、腰、腹部筋肉のバランスを整える
  • ・骨盤矯正を施して前方に仙骨を入れていく

上記の施術を施しお体を調整することで、ダイエットに関係している部位へのアプローチにもなりますので・・

  • 基礎代謝が上がりやすくなります。
  • 骨盤矯正で骨盤が引き締り小さくなります。
  • 大腿部が細くなりやすくなります。
  • ぽっこりお腹がうすくなります。
  • 痩身効果があり痩せやすいお体に変わります。
  • お通じが改善されます。
  • 疲れにくい軽いお体になります。

そして、骨盤が調整・矯正されることで女性特有の症状の改善や痩身にお役に立っていますので、ご自分のお体のどこが気になり、調整、矯正をされたいのかをお考えになれるとよろしいと思います。

整体療法+『骨盤矯正』『骨盤調整』『産後骨盤矯正』は常に女性の痩身と健康維持のサポートが出来る内容です。

●お電話又はメールでご連絡ください。
お電話の方が早く対応できますので、ご相談もしやすいかと思います。
施術中はお電話に出られないことがありますが、ご伝言をお残し頂きましたら早々にこちらより折り返しご連絡させていただきますので、お手数ですがよろしくお願いいたします。